☆お願い☆

  • トラックバックについて
    トラックバックされる方は、なるだけトラックバックする記事にコメントをつけてください。
    コメントなしで、記事にまったく関係のないトラックバックがされた場合には削除しますのでご了承ください。

最近のトラックバック

カウンター

おすすめ★BOOK

  • CLAMP: XXXHOLiC (6)

    CLAMP: XXXHOLiC (6)
    【ツバサ】とリンクしている物語です。ツバサに登場する”次元の魔女”と何やら宿命を背負っているらしい”四月一日(ワタヌキ)”という少年がオカルト的な事件に巻き込まれたり、依頼者の依頼を受けたりしていくことで、四月一日が様々な人間模様を垣間見て成長していきます。「願いを叶えるには対価が必要」という摂理がなるほど納得です。大人が読んで楽しめる内容です。私は、【ツバサ】を読んでからこの本を読みましたが、もちろん、ツバサの裏話として読むのも楽しいですが、この作品単体で十分楽しめます。むしろ、ツバサよりこちらの方が私は好きだったりします。

  • CLAMP: ツバサ 11―RESERVoir CHRoNiCLE (11)

    CLAMP: ツバサ 11―RESERVoir CHRoNiCLE (11)
    NHKで放映中の【ツバサ・クロニクル】の原作です。 学生時代、CLAMP作品をほぼ全部集めていた私には、この「異世界ワールド」で他の作品に出ていたキャラが多数出てくるのが楽しいです。カードキャプターくらいからCLAMP作品から離れていたのですが、これならブランクあっても昔の作品を知っている人なら楽しめると思います。かなり奥の深い作品でオススメです。

管理人の
おすすすめサイト

  • ちょびリッチ
    ANAマイラー必見!
    懸賞・小遣い ちょびリッチ
    アンケート回答やショッピングで貯めたポイントをANAマイルやEdy、現金に交換できるサイト♪

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005年6月25日 (土)

地獄の苦しみ2

昨日の病院で初めて鼻からカメラを入れられました。
鼻炎の私は、鼻の粘膜がかなり腫れて敏感になっていて、とっても痛かったです(T-T)
入れる時よりも抜く時が痛い。
入れる時はそろそろっと気を使って入れていてくれたのに、抜くときと言ったら容赦がない!Σ(T□T) いてーーーー!!
一気に抜かれたー(T∇T)
涙がにじみました。(マジで)
で、喉が痛くて診察受けにいったのに、貰って来たのは鼻炎の薬…なぜ~?(´д`;)

2005年6月23日 (木)

地獄の苦しみ

喉が痛いので耳鼻咽喉科へ行きました。
年中無休で平日は夜間診療をやっている大人気の病院なので、18時くらいに行くとかなり待たされるのは覚悟の上でしたが、想像以上の待ち時間の長さでしたヽ(TдT)ノなんと2時間半…。
その間、なにもすることがないことによる苦痛に拍車を掛けて、待合室にいる子供たちがとてもウルサイ(-_-メ)
子供たちがウルサイこと自体に苛立ちを感じるというより、その子供たちの親に腹が立ってイライラ(`Д´) ムキー!
子供が奇声をあげようが走り回ろうが注意しない上に、子供と話すときの声の大きさが子供と変わらないくらい大きい。何人も「親」はいるのに、どいつもこいつも放任ときたもんだー( ̄Д ̄;;
ここは病院なんだから、静かにしなきゃいけない場所だって教育しろ(≧ロ≦)
私も子供の頃は、病弱だったので良く病院に行きましたけど、子供がいても静かなものでしたよ(>_<。)あうぅ。

将来ああいう親にはなりたくないなぁと思った苦痛の2時間半でしたぁ。
しかもやっと診察になったらふてぶてしい先生だし…。しくしく(T_T)

流出しまくり

会社で2社から新聞を取っているのですが、今日の新聞の一面記事には、どちらもパソコンからの情報流出のネタがありました。
クレジットカードの個人情報流出による被害も国内だけで1億円をすでに超過しているそうだし、原発の保守データだとか病院の診療記録だとか漏れるデータも多種多様。
そこに自分のデータが含まれているのかもわからないし、人の口に戸を立てられないのと同じでどうにもしようがない(T_T)
なんでもウィニーというソフトが原因で、ハードディスクのデータを暴露するウイルスに感染するそうです。

私の知り合いにもウィニーを使っている人がいたけど、大丈夫なのかなぁ。
私は使ったことがないので大丈夫と思うけど(^-^;

クレジットカードの方は沢山持ってるけど1~2枚しか使っていないので、ほかのカードの不正使用があってもすぐに気付けないような気がする(-.-;)
使ってないのは解約手続きしておいたほうが良いかも。年会費無料も考えものですねぇ。

2005年6月22日 (水)

もじびったん

私のハマりにハマっているゲームのひとつに、「もじぴったん」というのがあります。PS2のソフトなら1800円で買えるお得ゲームです。
ゲームの概要は、「マスの空いているところに文字のブロックを置いて言葉を作っていく」というものなんですが、面によってクリア条件が色々あります。
 *全てのマスを埋める
 *全てのブロックを使う
 *○○個の言葉を作る
 *○文字以上の言葉を○個作る
 *「○○○」という言葉を○個作る
などなど、他にも色々あります。
「じっくりパズル」というモードと「アーケード」モード内の「おこのみ」は、自分で面を選んでプレイできます。
で、全面クリアを目指して目下プレイ中なんですが、このゲーム、隠し面がありました。200面クリアすると隠し面が現れます。(そこまでやりこんでいるんです私…)

で、GBA(任天堂ゲームボーイアドバンス)の「もじぴったん」も4300円くらいしましたが、とうとう買ってしまいました。
お手軽で良いです。
GBAは、飛行機の中でも出来るので、私は旅のおトモに購入しました。飛行機の搭乗待ちのときとかにもピコピコやってます(*^^*)

PSP(プレイステーションポータブルだっけ?)の「もじぴったん」も欲しいんですが、本体が高いのでさすがにこれは無理ですね(´~`;)

そのうち、ニンテンドーDSの購入を目論んでます。
ニンテンドーDSにも「もじぴったん」あったかな?

アクションものとか、てんでセンスのない私には、こういうコツコツ系のゲームはうってつけです。
他にもどんくさくても楽しめるゲームをご存知の方、是非教えてくださいヾ(≧▽≦)ノ

期日指定メール

物忘れの激しい私にとって、大変重宝しているのが、@niftyの【期日指定メール】サービスです。
先日の話ですが、出勤のときに自宅から持参しなければならない書類があって、忘れそうな予感がしたので、「書類持つこと!」と出掛ける直前の朝7時に自分に届くようにメールを送りました。

当日の朝、案の定、書類を持参することはもちろん、自分宛てにそんなメールを打ったことすら忘れて、出勤しようとしたところで携帯にメールが届いていることに気づいて、慌てて書類を持ちました( ̄∀ ̄;)セーフ!
過去の自分に救われました(^_^;)
この【期日指定メール】サービスは月額100円の有料サービスですが、スケジュール管理には最高のサービスです(^^)v
手帳買うよりお安いなぁと思う次第です。

2005年6月21日 (火)

韓タメ!

ペ・ヨンジュン氏が過労で入院していたらしいですね。朝日新聞のページ見出しによると「過労による脱力」らしいです。
『脱力』って入院するほど力が抜けることにも使う言葉なんですね。

しかし、最近、この『脱力による入院』の何倍も驚かされた言葉があります。
それは、『韓タメ』です。
77歳の祖母の口から出た言葉です。

私:ばあちゃん、なんのドラマ見てるの?

祖母:これかい?韓タメさ。

私:は?(・o・)

祖母:韓国のドラマ。一週間に一度の。

私:『韓タメ』って、もしかして『韓国エンターテイメント』の略ですか?(@_@;)

祖母:そうかな?

私:(ほぇぇぇぇ。もう韓ドラって言わないのか!!(心の叫び))

77歳の祖母に流行で負けた気がしました(^-^;
恐るべし。高齢者の韓国ドラマブーム…。

2005年6月 6日 (月)

ピアス

私はピアス穴をあけに3回病院に行っています。
1回目は、社会人になってすぐに一人で行きました。
「毎日消毒してくださいね」と言われ、消毒薬のボトルを渡されたので、毎日真面目に綿棒でピアス穴の消毒をしました。しかし、数日後にピアスの穴のまわりが赤くただれてきて、怖くなってピアスを外してしまい、自然と穴は塞がってしまいました。

で、後日、ピアスを付けている友人に赤くなった話をしたら、「消毒しすぎて消毒負けしたんだと思うよ」と言われ、消毒で赤くなることもあるのかなぁなんて疑問を抱きつつ月日が経って、同じ話を別な友人にしたところ、「私の行った病院は塗り薬をくれるから、それなら大丈夫だよ」と言われ、ピアスをあけたい別の友人と二人でピアスをあけに2度目の病院へ行きました。
で、ピアスを打って貰うとき、病院の先生に

「ははは、あなた、耳小さいねぇ。ピアスつけてるの前から見えないかも知れないねぇ。少し下のほうにあけておくね。」( ̄ー ̄)b

とかなり笑われ、ショック。

ひ、ひどい…!(T∇T)
耳たぶが小さいからピアスをあけたいんだよー(≧ロ≦)

で、ここで貰った塗り薬では赤くただれることもなく、順調にピアス穴は定着したんですが、片方の位置がどうも下がっている気がして、一週間くらいして3度目の病院へ。私を笑ってくださった男の先生じゃなくて、奇麗な女医さんがあけ直してくれました。「前の穴塞がりますか?」と聞いたら、「まだ塞がるから大丈夫よ」と言われて、安心して帰ったのですが、なかなか塞がらなくて良く間違えてそっちにピアス付けそうになってました…(;^_^ A フキフキ

で、ピアス穴が定着してから、ここ1〜2年付けてなかったんですが、先日、友人の結婚式で久しぶりにピアスを付けたときに穴に傷を作ってしまったみたいで、その傷が原因で片方の穴が塞がってきていることに気づき、それからピアスを付けて会社に行っています。
しかし、「あれ!Σ(- -ノ)ノ !?」と先輩が驚いて私の耳を指差したのは、もうピアスをつけて出社し始めてから4〜5日経ってからでした…。
やっぱりピアスが見えないくらい耳が小さいんだろうか…(T□T)
そ、それとも耳が見えないくらい顔が大きいのかなぁ。
(それはやだなぁ…)

2005年6月 5日 (日)

家族通話定額@vodafone

最近、良いところなしのボーダフォンでしたが、家族間の通話料定額はなかなか思い切ったことやるなぁと久しぶりに大期待です。
昔に比べて大幅に携帯料金が少なくなっているのですが、高額だった時期の半分くらいの請求額になってくると節約が楽しくてもっと少なくできないかと色々努力もしてしまいます。
で、通話する時は公衆電話を利用したりもしています。
実は、私の携帯電話の通話料金の大半は、毎日掛ける「帰るコール」だったりするので、この家族間通話料定額制は、とてもありがたいですね。
7〜10月は、家族通話料定額制の実感キャンペーン期間で、家族割引を使っている人は全員無条件に家族間の通話が無料になるんです。
嬉し~。
ここまでやってボーダフォンが倒産しないかだけが心配です(^_^;)
がんばれ、ボーダフォン。

逃げた魚は大きいぞ!

うちの会社の近くにあるJTBは、色々親切でとても良いカンジ。
前に海外旅行をする時にお世話になったお兄さんも、わがまま言っても一生懸命調べてくれて、とても良くしてくれたので、私の中では、旅行会社でJTBは格別に好印象な旅行会社でした。
会社で使っている別の旅行会社は、昔はとても良くしてくれたけど、オンライン発券になってからは、担当者が会社に来ることはなくなったし、数ヶ月ごとに担当者が退職して変わってしまうので、請求ミスが多かったり、私の評価はよろしくない。
で、JTBを信じていた私は、東京の池袋店JTBに海外旅行の相談に行きました。
応対してくれたのは、森口博子に良く似たおねーさん。
要望を色々言って、どういう経路で行くのが良いかとか、色々相談したいというのに、そのねーさん、どうやら自分の前にあった端末をフリーズさせてしまったらしく、1つ質問する度に裏に引っ込んで戻ってくるまで4〜5分待たせる。でもって戻って来ても、目の前の端末が動かないから、印刷してきたデータでなんとか話を終わらせようとするけど、私も相談したいから来てるわけで色々突っ込んで質問しました。その度に裏に引っ込む。
「今日は手配をしたいわけじゃなくて相談したい」と言ったのが気にいらなかったのか、「さっさと帰れ」と言わんばかりの応対態度。
いくらなんでも
片方の肘をついてメモ渡すか、ふつー・・・(-_-メ)
最後の台詞は、片方の肘をついたままで、「旅行会社ごとで違いますから他の会社にも聞いてみてください」とのこと。
いつもなら言える「ありがとうございました」という言葉を、私は彼女に対してとてもとても言えませんでした。
だって感謝の気持ちなんてひとつも出て来なかったから。
肩肘ついて…っていうのがどうしても許せなかったですねぇ。

で、JTBファンだった私は、とたんにJTB不信になりました。
もちろん、会社の近くのJTBは、対応良いので、別格ですが、それ以外のJTBを同じように見るのはやめようと心に誓いましたねぇ。

で、結局。
JTBで挫けたので、他の旅行会社に行く気にはなれず、自分で手配しちゃいました。
インターネットで調べて、オンライン手配です。いやはや便利な世の中です。
肩肘ついてたお姉さん。
あなたの対応で逃げた魚。そこから繋がるお客様。
逃げた魚は大きいですよ。

企業人なら誰でも知ってることだけど。
あなたが会社の顔なんですよ。

2005年6月 1日 (水)

森永のキャラメル

抹茶キャラメル&黒糖キャラメル』が5月から全国のコンビニで12粒100円で発売されているそうです。
行きつけのうどん屋さんになぜかこの森永の抹茶キャラメル黒糖キャラメル『大粒』が売っていたので、思わず購入して食べてみましたが、抹茶は本当に深い緑色のキャラメルで「抹茶!!」というお味で美味でございました。黒糖は、黒砂糖の味がじわとして、懐かしい味わいでした。
で、先ほど森永のホームページでこのキャラメルについての紹介ページを読んでいましたら、拡販ターゲットの欄で思わず笑ってしまいました。
『キャラメル好きの50歳代男女』。
ターゲットは50代だったんだー。
一目で思わず、抹茶と黒糖の両方を購入した20代の私って…(^_^;)
でも、本当にどっちもおいしかったです。
飽きがこないのは抹茶でしたね。
抹茶サンデーとかかりんとうとかお好きな方は、是非一度ご賞味ください(*^^ゞ

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ