☆お願い☆

  • トラックバックについて
    トラックバックされる方は、なるだけトラックバックする記事にコメントをつけてください。
    コメントなしで、記事にまったく関係のないトラックバックがされた場合には削除しますのでご了承ください。

最近のトラックバック

カウンター

おすすめ★BOOK

  • CLAMP: XXXHOLiC (6)

    CLAMP: XXXHOLiC (6)
    【ツバサ】とリンクしている物語です。ツバサに登場する”次元の魔女”と何やら宿命を背負っているらしい”四月一日(ワタヌキ)”という少年がオカルト的な事件に巻き込まれたり、依頼者の依頼を受けたりしていくことで、四月一日が様々な人間模様を垣間見て成長していきます。「願いを叶えるには対価が必要」という摂理がなるほど納得です。大人が読んで楽しめる内容です。私は、【ツバサ】を読んでからこの本を読みましたが、もちろん、ツバサの裏話として読むのも楽しいですが、この作品単体で十分楽しめます。むしろ、ツバサよりこちらの方が私は好きだったりします。

  • CLAMP: ツバサ 11―RESERVoir CHRoNiCLE (11)

    CLAMP: ツバサ 11―RESERVoir CHRoNiCLE (11)
    NHKで放映中の【ツバサ・クロニクル】の原作です。 学生時代、CLAMP作品をほぼ全部集めていた私には、この「異世界ワールド」で他の作品に出ていたキャラが多数出てくるのが楽しいです。カードキャプターくらいからCLAMP作品から離れていたのですが、これならブランクあっても昔の作品を知っている人なら楽しめると思います。かなり奥の深い作品でオススメです。

管理人の
おすすすめサイト

  • ちょびリッチ
    ANAマイラー必見!
    懸賞・小遣い ちょびリッチ
    アンケート回答やショッピングで貯めたポイントをANAマイルやEdy、現金に交換できるサイト♪

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005年7月30日 (土)

続・出発!

空港に早く着きすぎ、更に迷い歩いて疲れたところに、ツアーデスクのスタッフが登場するまでの空き時間で、空港内のおみやげやさんを網羅して歩き、更に疲れる…(´Д`) フゥ
ようやく、ツアーデスクのスタッフが現れたであろう時間になったので、先ほどの空港の端っこにある暗い暗いツアーデスクに向かいました。

電気が点いてる!ヽ(´∇`)ノ ワーイ

ようやくスタッフに会えたぁ〜。
私の苦労を知らないにこやかな受付スタッフに言われるがままパスポートを見せて、旅券を受け取り、注意説明を受けました。

やっと、落ち着ける〜〜〜〜♪

旅券を受け取った私は、とにかく早く搭乗口のベンチで休みたくて、そそくさとチェックインして搭乗口へと向かいました。

で、搭乗口に着いても、まだ20分は座ってなくてはならない時間だったので、一番奥側の目立たないイスに座って、こっそりと暇つぶしの秘密兵器…ゲームボーイアドバンスSPを取り出し、「牧場物語」をやっていました。

誰も知っている人がいないし、目立たない席だからこそできること。

…そう。
誰も私に声を掛けてくることはない!…はずでした(;>_<;)

「お客様…」

声は聞こえました。
でも、「私には関係ない」と思っていたのです。

「お客様」

…(◎_◎;)!!!

なんとツアーデスクの受付スタッフの人が目の前に立っていました。

「こちらの携帯用カードをお客様が団体カウンターにお忘れになったようなのですが…」

そう言って、お姉さんが差し出したのは、ツアーの案内書に付属していたテレフォンカードサイズの日本語応対の緊急受付電話番号を書いたカードでした。

『え〜〜?お財布に入れてたのに落としたのかぁ〜 ?』

頭の中に荷造りのシーンが蘇ってきますが、今、目の前にあるカードは確かに昨晩お財布のカードホルダーに入れた記憶がありました。

「ツアーデスクではなくて、その前に、ツアーデスクの場所を訪ねる際に団体カウンターにて落とされたようなのですが、こちらのカードは大事な連絡先が記載されておりますので、旅行中お持ちになっていてください」

そう言ってお姉さんが差し出すので、
大人のくせにゲームをしていたことを目撃された動揺とわざわざこんなところまで持ってきてくれたことへの申し訳なさに、落とした記憶はまったくないまでも、「申し訳ありません。わざわざありがとうございました」とお礼を述べて受け取りました。

丁度、そこで、私の乗る飛行機の搭乗開始案内放送があり、受け取ったカードとゲームボーイを鞄に締まいながら立ち上がると、そのままスタッフの人も去っていたので、とりあえず飛行機に乗り込み東京へ移動しました。

で、東京に着いて、落ち着いてから渡されたカード片手に財布の中を見ました。
「あるじゃん!(°口°;) 」
思わず声が出てしまいました。

私の手には同じカードが2枚……

…親切心で持ってきてくれたんだと思うけど、ツアー参加者は全員貰ってるカードなので、私が落としたものではなかったらしい…。

動揺して恥ずかしい思いをした分だけ、すっごく損した気分ですΣ(T□T)
親切が裏目に出た典型的な例ではないでしょうか…ヽ(´o`;

とりあえず、こんな感じで移動して、東京で一泊。

いよいよ次はシンガポールへ出発の巻きです。>>>つづく

2005年7月27日 (水)

星になった少年

哲夢(てつむ)という少年が日本人で初めての「象使い」になるまでの半生を描いたノンフィクション映画です。
不器用で上手に生きることができないまだ幼い哲夢が、ひとりで象使いになるために海外へ渡り、ひたむきに生きる様は、それだけで胸がいっぱいになりました。
彼の姿を見て、だらだらしている自分が情けなく、「自分ももっと一生懸命に生きなければ…」という気持ちになりました。
涙なくしては見ることのできない映画だと思います。
久しぶりに、あんなに泣きました。

映画のクライマックスで、私の後ろの座席から、
「おぉぉうぉぉぉぉぅ(TロT)」
…という、泣き声が聞こえたほどでした。
   きっと声が抑えられなかったんですね。
         …ちょっとびっくりしました(´▽`;)

ヽ(´∞`)ノ ネタばれがあっても大丈夫な方は、
「つづき」をクリックしてください。

続きを読む "星になった少年" »

2005年7月24日 (日)

おかあさんといっしょ

母上を連れて街へ繰り出してきました。
母も私が子供の頃は、2ヶ月に1回くらいのペースで妹と私を街に連れて行ってくれたものですが、私が中学生になった頃からそういうこともなくなりました。
出不精というか、今までは、どれだけしつこく誘っても母上が出歩きたがらないので、こうやって母と二人で街にいくのは、母上がパートをはじめるようになってからで、今回で2回目でした。

で、何しろ貴重な外出なので、連れて行ってあげたいところは山のようにあるわけです。
朝10時に家を出て、帰宅したのは夜23時。
11時間の外出。タイムテーブルに追われながらの、まるで観光客のような一日でした。

とりあえず、母のリクエストは、フルにこなしました。   

 *大通公園のとうきびが食べたい
    *岩盤浴に行きたい
    *映画が観たい
    *ラーメンが食べたい

大通公園のとうきびは、前日から冷凍ではなく、今年採れたての生のとうきびを使って販売が始まったばかりで、私も食べたかったので、「焼きとうきび」と「ゆでとうきび」を1本ずつ買って、二人で半分ずつ食べました。

 大通公園の風景 と 焼きとうきび
V8010021V8010022

ゆでとうきびはプチプチした粒が弾力があって、やっぱり生は違う〜という極上の食感でした。甘くておいしい(ノ▽≦)

で、焼きとうきびは、上の方を私、下の方を母上で半分こしたんですが、これには問題点が…。

焼きとうきびは、おしょうゆの味がおいしさの秘訣なんですが、写真の通り、しょうゆは下に溜まっています…。

上の方はしょうゆの味が染みてない…。
ゆでとうきびは塩味で味付けされていますが、焼きとうきびは、味付けしていないので、ちょーっと味気なかった…o(ToT)o
で、母上の食べている下の方を少しかじらせて貰いましたヾ(´▽`;)

で、大通公園でとうきびを堪能した後、ショッピング。
ショッピングで程良くお腹が空いてきたところで、ラーメン屋さんへ。

ラーメンと言えば、札幌駅にラーメン共和国がありますが、混んでいるので、ゆっくり静かに食べれるところが良いというので、大通駅の地下街にある時計台ラーメンにしました。
数年ぶりに行ってみると、雨上がり決死隊が来たらしく、サインと記念写真が飾ってありました。雨上がり決死隊の背の小さい方の人(名前わかんない( ̄∀ ̄;))、本当に北海道好きなんだなぁ(´〜`;)
で、野菜ラーメンをチョイスして、母はみそ味、私は塩味にしました。
私はさっぱりしたものが食べたかったので、塩を選びましたが、みそはすごくこってりしたスープで、母も最初はおいしいと言って食べていましたが、最後には飽きてたので、塩で正解でした。あっさりスープで最後まで飽きずに食べれました。

で、ラーメンも堪能して、次は再びショッピングです。
とりあえず札幌駅へ移動です。

ショッピングの前に映画の券を購入しに行きました。
母が選んだ映画は、「星になった少年」でした。
私も気になっていた映画のひとつ。
で、最後の回の指定席の券を買って、時間まで岩盤浴へ。
汗の出にくい体質の母も汗だくになって感動していましたが、JR高架下にあるお店だったので、ちょっとうるさいのが気に入らなかったようなので、次回は静かなお店に連れて行ってあげよう。

で、岩盤浴と映画の間に携帯にメールが入っていることに気づきました。

「地震すごかったね!○○○のところは大丈夫?!」

(◎_◎;)えぇぇ?

…全然知りません。
東京で地震??
ええぇ?!Σ( ̄□ ̄;)!!

友達のメールを読んだあと、友達が心配してくれている「○○○」からもメールが来ていることに気づきました。

「けっこう家の中がやられた」とのこと。

…生きてる。
良かったo(;△;)o

とりあえず、先に友達のところに電話して、東京都が震度5で死人とかはいないし、被害はそうでもないらしいという情報を教えて貰い、電話しても大丈夫そうなので、とりあえず、東京にも電話して無事なことを確認。

関東在住の他の友達も、○○○の話なら大丈夫そうだな…と予想して、こういうときにあまり電話とかすると迷惑になることもあるから…と他の友達への連絡はせず夕食を食べに行きました。…薄情?ごめんよぅρ(・・、)許してけろ

で、夕ご飯は、なぜかロッテリアのハンバーガー( ̄∀ ̄;)
たまの外出なのに(苦笑)

最後に映画を観て帰りました。
映画の感想は、また後日。

とりあえず、久しぶりにすんごく慌ただしい一日でした。
でも、充実した一日でもありましたヽ( ̄▽ ̄)ノ

2005年7月23日 (土)

EAST BOYのキャミソール

女の子なら何かとお役立ちなキャミソール。
何着あっても邪魔になりません。
割りとアンサンブルを買ってた私は、いつもキャミソールの着丈が短いことが気に入りませんでした。
で、旅行の為に買ったEASTBOYのキャミソールは、着丈がとっても長いし、伸縮性も着心地も良くて、お手頃価格でとっても気に入ってしまいました。
で、先日、EASTBOYのショップに行ったらセールをしていて、1500円で買ったキャミソールが1000円で売っていたので、思わず色違いで追加で2着購入してしまいました。更に他のデザインのも2着で、計4着。
キャミソールの着丈が長いのがお好きな方は、EASTBOYがオススメです(*^^ゞ

eastboy

2005年7月22日 (金)

出発。

慌ただしくシンガポール旅行出発の日になりました。
成田空港からの出国になるので、出国前日にとりあえず東京に移動です。
ゴールデンウィークにかなり休んでしまったので(^_^;)、あまり長期の休みをとることもできず、東京へ移動するのは、通常勤務をこなしてからです。

家からゴロゴロとキャリーを引っ張り、いつものバスに乗りました。
えっこらせ!と重いキャリーを持ち上げて、バスを降車し、地下鉄の階段をヨロヨロ降りて改札を通る。…出勤前から疲れます(;´・`)> ふぅ
しかも、混んでる車内で大荷物は、かなり肩身が狭いです…(ーー;)

ようやく会社の最寄り駅に到着すると、乗り込む人の波をかき分けて改札に行かねばなりません(;>_<;)
みんな邪魔ぁぁ どけどけー(丿>ロ<)丿 という心境。(でもたぶんそう思われているのは自分なの…(´Д`;))

で、通常サイズのコインロッカーにキャリーは入らないと想定していた私は、会社とは反対の方向の出口にある大型コインロッカー(500円)まで遠回りして、荷物をロッカーに入れ、なにごともないかのような顔で出社です。

休む分だけ仕事はがんばりました。
何が何でも残業しないで空港に向かわねばなりませんから、一週間前からサービス残業しても仕事を残さないようにがんばりました( ̄∀ ̄;)
余裕です。定時までには期日指定の仕事はとりあえず終了〜。
ふぅ〜〜(ノ▽≦)定時退社オッケーです!

荷物を取りにコインロッカーへ。
時間に余裕があったので、ちょっと奥の普通サイズのロッカーにもキャリーが入るか実験してみました。

…( ▲ ;)ゲェェ…入るじゃん…。
200円損したぁ。遠回りも不要だったよぅ(T-T)

ちょっぴり凹みで移動開始ですo(ToT)o
慣れない海外旅行で何かあっちゃいけないと思い、会社から空港までの移動は実質50分くらいですが、約2時間半の余裕を持って飛行機を予約しました。
で、離陸の30分前に空港のツアーデスク集合と案内書に書いてありましたが、私が空港に到着したのは、離陸の90分前…ハヤスギタ…。
何しろツアーは初参加だし、接続便を使うのも初めてで、ツアーデスクとやらの場所が分からない(・o・ ))(( ・o・) ドコ?
空港内を大きな荷物を持ってさまよい歩くこと20分…。
それらしいのがあるけど、電気もついてない窓口だし、一体どこに行けばいいのよぅ〜<(T◇T)>
とうとう見つけられなくて、全日空の出発窓口の人に聞きました。

「あの向い側の窓口がツアーデスクなんですが、出発の30分くらい前にならないとスタッフの人が来ないんです…」

なんと、何回も前を通過していた無人の窓口が目的のツアーデスクだったのです〜(TロT)

案内書に「30分以上前に来てもスタッフがいない」って書いておいてよねッヽ(≧ロ≦)ノ

おかげで、無駄な体力使っちゃったじゃないかぁ〜。

更に30分、空港内をブラブラする羽目になりました…。

********************つづく********************

2005年7月21日 (木)

またテロかぁ〜Σ(T□T)

またしても、ロンドンで爆発テロがあったそうですね(T□T)
ジハードだかなんだか知らないけど、無差別に人を殺すことのどこが「聖戦」?
無差別殺人を目的達成のための正当な手段だと思っているなんて信じられない。
アラーの神は「殺人も自殺も認めていない」って言うじゃないか。
血で血を洗うような殺人連鎖は、もうやめてほしい。
世界中、今日までにたくさんの戦死者を出しているのに、なんで過ちを繰り返そうとするの?
人間は、知的生命体じゃなかったの?

殺し合って得る明るい未来なんてないよ。
最後のひとりが死ぬまで、人は殺し合うつもりなの?

目には目を。歯には歯を。
殺された。だから殺す。

大切な人を殺されたら、そんな気持ちになるのもわかる。
だけど、どこかでこの殺人の連鎖を断ち切らなければ、どんどん戦火が広がってしまって、このままじゃ、第三次世界大戦にでもなりそうだよーー(´□`。)°゜。

2005年7月 1日 (金)

出発準備。

2度目の海外旅行、2泊4日のシンガポール旅行記です。
「シンガポール旅行記」のカテゴリにて、ちょっこりずつアップします。

今回の旅行は、諸々の事情により、急に行き先がシンガポールになって、更に初の観光ツアーに参加する形で行くことにしたので、事前にシンガポールについてじっくり調べてる余裕もなく、持ち物を買いそろえて詰めるだけで精一杯!出発までの2週間は、てんやわんやでした(;^_^ A
とりあえず、ガイドブックを軽く読んで、持ち物を検討してみました。
*持ち物について*

常夏の暑い国ではあるけど、建物内の冷房がすごく強いらしく、寒暖の差が激しく、日差しも強く日焼けも心配なようなので、服装は半袖に一枚羽織る服装をベースに準備することにしました。
足首などを出すのは、虫さされが怖いので、ズボンはジーンズのみを2本チョイスして、1本は飛行機移動時用にウエストが楽な緩めのもので、もう1本は、一番くたびれてないお気に入りのストレートジーンズ。
で、何があるかわからないので、上着は、結構多めに持って行くことにしました。イトーヨーカドーでジーンズに合いそうな白いレース仕立てのかわいいトップスがあったので購入。羽織るのに良いブラウスがないので、無印良品にてよさげなブラウスを購入。ちょっとおしゃれめの半袖のシャツも欲しいと思って、あちこち回って、「EAST BOY」で気に入ったかわいいチェック柄のシャツがあったので、シャツにキャミソールとタンクトップをあわせて選んで、計3枚購入。あとは、もともと持ってたTシャツ2枚、キャミソール1枚を持ちました。靴下は5足持ちました。
鞄は、ソフトキャリーケースに、折り畳めるボストン1つデニム生地のトートバック2つを持ちました。あとは、たすきがけで背負えるショルダーバックに貴重品。帰りは、お土産や増えた荷物をキャリーに入れて、洗濯物をボストンに詰めて2つに分ける計画です。トートバックには、1つに機内に持ち込む物を入れておきました。飛行機に乗る時は、ショルダーとこのトートだけ持っていれば良いように。もう一つのトートは現地でお買い物のときとかに使うかも知れないので念のための予備として持参。

他に、帽子、サングラス、ヘアゴム、腕時計、洗面道具、iPodmini、ゲームボーイアドバンスSP、日焼け止めなどなど。

備えあれば憂いなしとは言うけど、備え過ぎも憂いますので、自分的には荷物減らしをがんばったつもり…。(どこが?とか思ったそこのアナタ!今までの私の持ち物はもっともっとすごかったんです(汗))

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ