☆お願い☆

  • トラックバックについて
    トラックバックされる方は、なるだけトラックバックする記事にコメントをつけてください。
    コメントなしで、記事にまったく関係のないトラックバックがされた場合には削除しますのでご了承ください。

最近のトラックバック

カウンター

おすすめ★BOOK

  • CLAMP: XXXHOLiC (6)

    CLAMP: XXXHOLiC (6)
    【ツバサ】とリンクしている物語です。ツバサに登場する”次元の魔女”と何やら宿命を背負っているらしい”四月一日(ワタヌキ)”という少年がオカルト的な事件に巻き込まれたり、依頼者の依頼を受けたりしていくことで、四月一日が様々な人間模様を垣間見て成長していきます。「願いを叶えるには対価が必要」という摂理がなるほど納得です。大人が読んで楽しめる内容です。私は、【ツバサ】を読んでからこの本を読みましたが、もちろん、ツバサの裏話として読むのも楽しいですが、この作品単体で十分楽しめます。むしろ、ツバサよりこちらの方が私は好きだったりします。

  • CLAMP: ツバサ 11―RESERVoir CHRoNiCLE (11)

    CLAMP: ツバサ 11―RESERVoir CHRoNiCLE (11)
    NHKで放映中の【ツバサ・クロニクル】の原作です。 学生時代、CLAMP作品をほぼ全部集めていた私には、この「異世界ワールド」で他の作品に出ていたキャラが多数出てくるのが楽しいです。カードキャプターくらいからCLAMP作品から離れていたのですが、これならブランクあっても昔の作品を知っている人なら楽しめると思います。かなり奥の深い作品でオススメです。

管理人の
おすすすめサイト

  • ちょびリッチ
    ANAマイラー必見!
    懸賞・小遣い ちょびリッチ
    アンケート回答やショッピングで貯めたポイントをANAマイルやEdy、現金に交換できるサイト♪

« おかあさんといっしょ | トップページ | 続・出発! »

2005年7月27日 (水)

星になった少年

哲夢(てつむ)という少年が日本人で初めての「象使い」になるまでの半生を描いたノンフィクション映画です。
不器用で上手に生きることができないまだ幼い哲夢が、ひとりで象使いになるために海外へ渡り、ひたむきに生きる様は、それだけで胸がいっぱいになりました。
彼の姿を見て、だらだらしている自分が情けなく、「自分ももっと一生懸命に生きなければ…」という気持ちになりました。
涙なくしては見ることのできない映画だと思います。
久しぶりに、あんなに泣きました。

映画のクライマックスで、私の後ろの座席から、
「おぉぉうぉぉぉぉぅ(TロT)」
…という、泣き声が聞こえたほどでした。
   きっと声が抑えられなかったんですね。
         …ちょっとびっくりしました(´▽`;)

ヽ(´∞`)ノ ネタばれがあっても大丈夫な方は、
「つづき」をクリックしてください。

映画を見終わって、まず思ったのは、「人の気持ちをわかることは難しい」ということでした。
哲夢の本当の気持ちは、クライマックスで彼女がお母さんに伝えるまで、想像すらしていませんでした。
中学生の少年が、母を慕い、母の夢を叶えるためにたったひとりで、言葉もわからない外国で1年半も生活していたのだと思うと胸がいっぱいになりました。
最後の常磐たか子の号泣シーンは、迫真の演技でした。
嗚咽がやがて叫びに変わる、あのシーンは思い出しても涙が出てきます。
象を愛する哲夢の根底にあったのは、自分を慕う心であったのだと知った母親は、どれだけ自分のことを悔いたのだろうと思います。
失ってはじめて、当たり前のことが大切だったのだと気がつく。
自分もきっとそうです。
後悔のないように生きることは、絶対にできないと思うけれど、後悔のないように生きる努力をしようとそう思いました。

私は、サブタイトルの「シャイニングボーイ&リトルランディ」よりも、どちらかというと、子の母を思う想いの深さに胸を打たれた映画でした。

哲夢の象にかける愛情ももちろん本物でした。
動物を愛し、家族を愛しながらもそれを上手に伝えることのできない不器用なだけど一生懸命に生きた少年だと想いました。
これからどんなにもすばらしい象使いになったに違いない。
あのとき、あと5分遅く出かけていたら…とか、そんなことを考えてもキリがないことですが、運命とは、無情なものです。
せめて、哲夢の夢が、願いがこの映画を通して私たちの中で輝き続け、哲夢が安らいだ想いで、天国から私たちを見ることができるように祈るだけです。

多くの現代人に欠けているピュアな心がある映画であると思います。

« おかあさんといっしょ | トップページ | 続・出発! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82354/5177972

この記事へのトラックバック一覧です: 星になった少年:

» 星になった少年 [MOONの似顔絵エッセイ]
「星になった少年」を見た。久しぶりに見た日本映画だ。 素直に感動した。主人公と共鳴するところがないと映画は感動しない、 と前に書いたが、この映画を見てなぜ感動したかといえば、 64歳の私が主人公に共鳴したからだろう。 主人公の名前テツが、私の呼び名と共通していることも起因していた。 タイトルからして、主人公が亡くなってしまうことを暗示している。 実際に交通事故で亡くなってしまうのだが、こ�... [続きを読む]

» 残された家族の生き方を考えた◆『星になった少年』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
6月19日(日)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて どれくらい前のことだったかよく覚えていないが、「日本人で初めてタイに渡って象使いの勉強をし、象の楽園を作ることを夢見て亡くなっていった青年」のドキュメンタリー番組を観たことがあった。 これは「観た」というう... [続きを読む]

» NO.128「星になった少年」(日本/河毛俊作監督) [サーカスな日々]
「ゾウの楽園」という夢は、特異な母と子によって、 地上に成立しようとしている。 2004年5月、カンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞で「誰も知らない」(是枝裕和監督)主演の14歳の柳楽優弥の名前が告げられたとき、少し、胸が熱くなった。ほんとうに、初々しく新鮮であったし、審査委員長のタランティーノの悪戯っぽい表情を思い浮かべてみたりもした。 思春期の少年少女たちは、たった1年で、信じられないほどの変�... [続きを読む]

« おかあさんといっしょ | トップページ | 続・出発! »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ