☆お願い☆

  • トラックバックについて
    トラックバックされる方は、なるだけトラックバックする記事にコメントをつけてください。
    コメントなしで、記事にまったく関係のないトラックバックがされた場合には削除しますのでご了承ください。

最近のトラックバック

カウンター

おすすめ★BOOK

  • CLAMP: XXXHOLiC (6)

    CLAMP: XXXHOLiC (6)
    【ツバサ】とリンクしている物語です。ツバサに登場する”次元の魔女”と何やら宿命を背負っているらしい”四月一日(ワタヌキ)”という少年がオカルト的な事件に巻き込まれたり、依頼者の依頼を受けたりしていくことで、四月一日が様々な人間模様を垣間見て成長していきます。「願いを叶えるには対価が必要」という摂理がなるほど納得です。大人が読んで楽しめる内容です。私は、【ツバサ】を読んでからこの本を読みましたが、もちろん、ツバサの裏話として読むのも楽しいですが、この作品単体で十分楽しめます。むしろ、ツバサよりこちらの方が私は好きだったりします。

  • CLAMP: ツバサ 11―RESERVoir CHRoNiCLE (11)

    CLAMP: ツバサ 11―RESERVoir CHRoNiCLE (11)
    NHKで放映中の【ツバサ・クロニクル】の原作です。 学生時代、CLAMP作品をほぼ全部集めていた私には、この「異世界ワールド」で他の作品に出ていたキャラが多数出てくるのが楽しいです。カードキャプターくらいからCLAMP作品から離れていたのですが、これならブランクあっても昔の作品を知っている人なら楽しめると思います。かなり奥の深い作品でオススメです。

管理人の
おすすすめサイト

  • ちょびリッチ
    ANAマイラー必見!
    懸賞・小遣い ちょびリッチ
    アンケート回答やショッピングで貯めたポイントをANAマイルやEdy、現金に交換できるサイト♪

« 満員バスの迷惑なオバサン(-.-;) | トップページ | 売り切れ御免! »

2005年12月19日 (月)

時効成立。

札幌の殺人事件の時効が成立してしまったとの報道を見て、時効の必要性について考えてみた。
福田和子の事件にしろ、今回の事件にしろ、「時効間近」が起因して、マスコミ報道が加熱。
結果として、今回は逮捕に繋げることができなかったにしても、これだけ世間の人の知るところとなったのも「時効」あればこそではないだろうか?
時効がなければ15年前の事件をここまで毎日のように報道することは考えにくいのではないか。
すると時効というものも、ある意味で必要なのではないだろうか?
もちろん殺人という罪に、「時効」なんていう許しは必要ないと私も思うし、過失でなく、私利私欲のために人を殺した人は、その命で償うべきだと私は思っている。
でも、時効がなくていつまでも期限なく捜査し、逮捕できるとしたら、あそこまで躍起になって再捜査することがなく、必然的に検挙率がさがっていくのではないだろうか…と思うのである。
時効がなくても、事件が人々に忘れ去られてしまえば、犯人には逃げ延びやすい環境になり、死ぬまで逃げ切るかもしれない。
節目節目で警察とマスコミとの全力投入での再捜査が実施されるシステムができたら、時効制度はなくなっても良いのかもしれないと思う。
今回は、もしも犯人が生きて逃げているとしたら、どこもかしこも安心して寝られるところはなかったろう。
今も時効が成立したとしても、世間の人々から許されたわけではない。
だから、世間が忘れ去らない限り、犯人は幸せになることなど出来ないはずだ。

« 満員バスの迷惑なオバサン(-.-;) | トップページ | 売り切れ御免! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82354/7698705

この記事へのトラックバック一覧です: 時効成立。:

« 満員バスの迷惑なオバサン(-.-;) | トップページ | 売り切れ御免! »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ